お呼ばれがあっても安心!結婚式マナー講座

結婚式のファッションはどうする?

結婚式への出席が決まると、悩んでしまうのは当日のファッションではないでしょうか。男性の場合は比較的シンプルです。黒または濃紺のスーツと白のワイシャツを基本にしましょう。靴も黒の革靴が基本です。問題はネクタイですが、基本は白またはシルバー系です。ハデなネクタイは避けるか、二次会用にしましょう。女性の場合、いろいろ悩んでしまうかもしれません。大前提として、花嫁よりも目立ちそうな服装は避けましょう。レンタル衣装を利用する場合は、早めにレンタル業者に連絡をとってください。季節によっては結婚式が集中していて、お気に入りの(サイズが合う)衣装がなくなってしまう可能性があります。同様に、髪のセットを美容院に依頼する場合も早めの予約が大切です。

ご祝儀はどれくらい包んだらいい?

結婚式への出席経験が豊富な人でも悩みがちなのが「ご祝儀の額」です。地域による違いがありますが、金額に決まりはありません。あくまでも「お祝いの気持ち」を示すのがご祝儀です。とはいえ、一定の目安はあるので、年長者に相談したり、同じ結婚式に招待されている友人に相談して金額を合わせたりするのもよいでしょう。もしもあなたが新郎新婦に近い関係(兄弟・姉妹など)にあるなら、ご祝儀は少し多めに包まなければいけないかもしれません。個人の経済的事情も影響するので、最終的な金額は自分で決めてください。祝儀袋については、金額が多いほどグレードの高い祝儀袋を用意しましょう。一般の友人・同僚であれば(ご祝儀が比較的少額なので)シンプルな祝儀袋でかまいません。

ウェディングプランはさまざまなアイテムやプランが含まれており、お得と言えます。ホテルなどでは多くのプランを用意しているので、相談すると良いプランに巡り合えることでしょう。